税理士の求人・募集・転職と転職サイトのおすすめ


税理士の求人

税理士の求人・募集・転職と転職サイトのおすすめ

クライアントからの税金についての相談、アドバイスを行なったり、税務書類の作成をする仕事です。計算や会社の経営に興味があり、正義感の強い人に向いている職種です。

>> 公認会計士・税理士・経理の転職求人情報なら【ジャスネットキャリア】

税理士の転職①
税理士の職場は、資格を活かして会計事務所に勤務するか、知識と経験を生かして企業に勤務するかの二通りがあります。税理士の資格を活かして会計事務所に転職する場合、事務所の顧問先の構成と、職場のスタッフの構成を確認するのがおすすめです。税理士の資格に区別はないので、個人、法人の区別なく業務は可能ですが、実際の業務の内容は、個人の顧問先が多いか、法人が多いかによって異なり、会計事務所によって専門や得意分野があります。また、スタッフは、税理士の資格がある人だけではなく、資格はまだ持っていないまま、試験を受けながら経験を積んでいる人も少なくありません。スタッフの中に、国家資格を持っている人がどれくらいで、そうでない補助者がどれくらいいるかについても、会計事務所の規模や方針を知るうえで、有効な情報です。転職の面接の際に確認しておくのがおすすめです。

税理士の転職②
税理士の資格を活かした職場といえば会計事務所ですが、会計事務所で働いているのはすべて税理士というわけではありません。資格を持って働いているのは所長以外に何人くらいいるかは、会計事務所の規模を知るうえで有用な情報です。また、転職の場合、以前の勤務先が会計事務所に税理士として勤務していたか、一般企業に勤めていたかで、会計事務所の業務に対する経験は異なりますが、資格を持っていると即戦力を期待されます。税金に対する知識は死角が裏打ちされていますが、一般企業での勤務経験と、数多くの顧問先を横断的に見ている経験は似てはいても異なるものです。転職にあたって、自分の経験と能力を活かすためには、これまでしてきた職場での実務経験を面接で伝えておくと安心です。

税理士の転職③
税理士の仕事には、知識と経験を活かして企業の経理に携わる場合と、会計事務所に勤務する場合があります。会計事務所に勤務すると、顧問税理士として、関与先の会社の経営だけではなく、経営者一族の相続対策など、プライバシーに至るまでたくさんの情報に触れることになり、それらの中には秘密にする必要があることも少なくありません。税理士の転職では、秘密保持についての配慮が必要です。元の勤務先での就業規則や退職時の取り決めとしての秘密保持契約等と、税理士の職務規範としての守秘義務があるので、転職の際には、データの持ち出しにも注意しましょう。会計事務所にあるデータの多くは、会計事務所自身の情報ではなく、関与先などから預かった個人情報や企業秘密もあるので、うかつに持ち出してしまうと思わぬ大事になってしまいます。

(税理士の求人・募集・転職と転職サイトのおすすめ)