財務の求人募集・転職体験談と転職サイトのおすすめ


財務の求人募集・転職

財務の求人募集・転職体験談と転職サイトのおすすめ

自社の経営状態を分析し、経営判断の材料を作る仕事です。経営者に近い立場で、経営状態を冷静に分析できる人に向いている職種だといえるでしょう。

財務の転職体験談①
長年経理の仕事で培ったスキルを活かすために、財務の仕事を行える会社に転職しました。経営者や外部の関係者に企業の経営情報に関する樹お方を手伝える事は、経営にも関わる重要な業務です。実際に資金調達や株価対策で、銀行やその他の機関投資家、大口の株主と、資金計画で経営者と接する機会が増えました。この転職が無事にまとまった理由として自分なりに考えることは、これまでの経理の仕事への取り組みがあると思います。ゆくゆくは財務に関わる仕事がしたいという希望があり、そのために毎日の仕事にも目的意識を持って取り組んでいたのが結果に結びついたのだと思います。つまり、転職をいかにスムーズに行うことができるかは、これまでの会社での取り組みが大きく影響するということです。自分なりのキャリアプランを意識して、日常の業務に携わることが大切ということになります。

財務の転職体験談②
大手企業で、長年財務担当の部署にいました。大学の専門も商学部のため、自分には合っている仕事だと思います。待遇も良く、会社の経営状態も良いため、ある意味安心してできる仕事ではありました。しかし、だんだん年をとってきて、これから伸びていくであろう若い会社や経験の浅い若い人の面倒をみたい、手助けがしたいと思うようになりました。それから半年くらいたってから、たまたま知り合いの会社が、新しく子会社を作ることになり、財務の責任者として仕事をしてみないか、という話をもらうことができました。正直0からの立ち上げという想定はしていなかったため、転職に不安もありましたが、今までの実績があれば大丈夫だろうと考え、チャレンジしてみることにしました。思っていた以上に大変な仕事でしたが、社員一丸となって毎日を過ごせています。思い切って転職してよかったと思います。

財務の転職体験談③
経済学部を卒業後、経理と財務関連の仕事を任され、税理士として会計事務所に転職しました。財務の経験と税務の知識を活かし、経営の相談業務をして毎日充実しています。最初はパソコンの会計ソフトを利用し、仕訳などの経理処理をしていました。一通りできるようになると、決算書から財務分析をしたり、資金がショートしないように予算管理や現金の調達を任されるようになりました。仕事の面白さややりがいを感じるようになり、顧問税理士と話をする中で、経営相談業務に興味を持つようになりました。財務だけでなく、税金の知識を身に付けた方が良いと思い、税理士の資格を取ろうと考えました。転職せず企業内税理士として経験を積もうかとも悩みましたが、実際に業務の経験を積みたいと考え転職を決心しました。顧問税理士から、知り合いの会計事務所への紹介をしてもらい、運良くそちらに転職することが出来ました。

財務=財政

(財務の求人募集・転職体験談と転職サイトのおすすめ)