運用エンジニアの求人募集・中途採用・転職体験談


運用エンジニアの転職

運用エンジニアの求人募集・中途採用・転職体験談

情報システムを監視し、不具合に対処し、定期的にメンテナンスを行う仕事です。企業の情報システムを安定的に管理できる人に向いている職種だといえるでしょう。

運用エンジニアの転職体験談①
運用エンジニアはソフトウェアをユーザーの期待通りに動作させることが仕事です。運用エンジニアに転職してみて大変だと思った子ことは、ソフトウエアが動作しない原因を探したり、仮に動作することが出来ても、ユーザーに複雑な操作を要求することはできないので、ユーザーが使いやすい環境に設定しなければいけないことです。しかし、動作しない原因がわかった時や、ユーザーーが喜んでくれる姿を見たときの満足感は大きいものです。また、経験を積むことで、ソフトウエアの知識が深まるので、自身のスキルアップにもつながります。最近はハッキング行為が増えており、運用エンジニアのニーズは高まっています。決まった仕事よりも、その場で起きた問題を解決していく仕事が好きな方は運用エンジニアに転職してみるのも良いと思います。

運用エンジニアの転職体験談②
IT系の会社で約5年間運用エンジニアに転職しました。運用エンジニアというのは、エンジニアという名称の付く立場でもあまり一般的に馴染みが無いでしょう。運用エンジニアは、社内または外部の業者に委託していたソフトウェアやアプリケーションをクライアントの要望通りに動くことができるかということを確認または動作させるための役割があります。クライアントに納品し、クライアントが広く公開するソフトウェアやアプリケーションを最終的に確認するのでやりがいがあります。また、不備や不具合が見つかった場合はシステムエンジニアなどと協力しながら解決していくことも難しさと同時に達成感もあります。ソフトウェアを通して人との交流が多い運用エンジニアに転職して良かったと感じています。

運用エンジニアの転職体験談③
以前の仕事がエンジニア関係だったので、スキルが活かせるかなと思いました運用エンジニアに転職しました。以前の職場を辞めようと思ったきっかけは、上司の交代でした。転職活動をしていくなかで、エンジニアと一口に言ってもいろいろな職種があることにあらためて気付かされました。運用エンジニアへの転職に成功したのは、自分の努力だけではありません。サポートしていただいたコンサルタントさんが、面接のコツや求人情報探しを親身になって行ってくれたお陰だと思っています。不具合が発生したときにアプリケーションやセキュリティ対策など行うことはプライベートでも行っていたので、仕事もやりがいをもって出来ています。良い職場に出会えたおかげで、対人関係も順調です。就職難の時代なので、転職に不安もありましたが、思いきって職場を変えて良かったです。

運用エンジニア=運用保守担当

(運用エンジニアの求人募集・中途採用・転職体験談)