製造メーカー提案営業の求人・中途採用・転職体験談


製造提案営業

製造メーカー提案営業の求人・中途採用・転職体験談

顧客の利用方法も含めて自社製品を提案する仕事です。企業の動向を事前に察知して、必要な製品を提案できる人に向いています。

製造 提案営業の転職体験談①
新卒でずっと、事務系の仕事をしていました。安定した仕事でしたが、今後のことを考えると、先が見えませんでした。自分がやりたい仕事は、違うと感じ、思い切って提案営業の仕事に転職しました。周りからは「提案営業の仕事は大変だから無理だ」「おとなしい自分には通用しない」と、散々反対されました。でも、挑戦したかったので、反対を押し切って転職しました。提案営業に転職して最初に思ったのは、営業の仕事は、人生の勉強になることです。いろんな人がいるから、その人に合わせた提案営業が必要です。通り一遍の営業では通用しません。いろいろ勉強をして、鋭いツッコミにもひるまず対応しなければなりません。大変な仕事に転職しましたが、遣り甲斐を感じています。

製造 提案営業の転職体験談②
製造業で、開発部門として採用されましたが、営業の選任採用のスタッフでは提案営業が難しく、具体的なプレゼンに限界があるということで提案営業の部署に移動になりました。営業の仕事はもともと得意という気もちはありませんでしたが、エンドユーザーさまと直接接する機会は、自分にとってもいい刺激になりました。しかし、提案型ではなく、通常の営業への配置転換の打診を受けて、転職を決意しました。提案型の営業の仕事にやりがいを覚えていましたが、そこまで部署を限定した求人というのはめったにないので、転職先を見つけるのには苦労しました。結局、営業よりは、本来の開発部門寄りの職種で入社し、仕事に慣れて会社になじんだ頃に、提案型の営業というスタイルを提案して、希望をかなえることができました。

製造 提案営業の転職体験談③
近年、多くの方が給与アップやスキルアップの為に転職を考えている事と思います。実際に私も二度転職をしております。また、私は求人広告の提案営業を前職で行っていたのですが、現在は製造業の提案営業を行っています。今回は、この製造業の提案営業の転職活動に関して紹介します。まず、製造業の営業にはある程度機械に触ったり、知識がある事が必須の様です。上記の通り、前職も営業をしておりましたが物作りの会社では無かった事もあり、経験の無さをよく指摘されました。次に、社内の目上の人との関係がうまくないといけません。これは製造業によくある事ですが、営業は新製品の開発や納期調整等を製造部の責任者に交渉しなくてはいけません。よく言われる社内営業です。これは、お客様に対する営業より難しいと言われています。しかし、上記をクリアしても実際の面接で意欲を前面に出す事とハキハキ喋る事が必須となりますのでご注意下さい。

提案営業=ソリューション営業、技術営業

(製造メーカー提案営業の求人・中途採用・転職体験談)