証券営業の転職・求人募集・中途採用最新情報


証券営業の転職

証券営業の転職・求人募集・中途採用最新情報

個人投資家に様々な形でアプローチして株式や債券を売買してもらう仕事です。自らを売り込みつつ、顧客に信頼されることができる人に向いている職種だといえるでしょう。

証券営業の転職体験談①
学生時代に就職活動をしていた頃から、証券営業に的を絞って活動していました。実際に働き始めてからも、常に大きなやり甲斐を感じてきました。人間関係も良く、また働きがいもある職場でしたが、待遇が他社と比べて低いために、転職を考えるようになりました。転職する際も証券営業として働きたいと考え、活動を行いましたが、なかなか思うような転職先が見つかりませんでした。証券営業としての自分の実績・営業力には自信を持っていましたが、なかなか仕事が見つからず、少し自信を無くしかけていました。けれどもそんなときに希望する待遇での仕事が見つかり、諦めなくて本当に良かったと思いました。今は新しい職場での仕事に、全力投球する毎日です。

証券営業の転職体験談②
働きがいがある代わりに、その責任が重いのが証券営業の仕事です。離職率が多い職種、過酷な勤務だが、他業種に比べ高給取りでもあり、自分では天職だと思い、仕事に邁進してきました。特に分析レポートを使って、個人投資家に株式、債券を勧め、利益が出て時は非常に喜んでいただき、やりがいを感じていたのです。このまま定年まで働き続けたいと思ってきましたが、業績が伸張しても待遇が向上せず、会社に対しての不信感が募っていきました。同業他社の友人に聞いてみると、明らかに自分より好待遇で働いているため、同じ証券営業での転職を考えるようになりました。育ててもらった会社には恩義を感じていましたが、当時の待遇では満足できない気持ちが強く、転職を決意しました。新たな職場ではこれまで以上の待遇で働いており、今までよりも強い気持ちで仕事に取り組むことができるようになりました。やり甲斐と共に待遇もアップし、とても満足しています。

証券営業の転職体験談③
残業や休日出勤も厭わず、とにかくがむしゃらに働いてきました。それが証券営業としてのあるべき姿だと考え、その理想像に少しでも近づくことができるよう、懸命に仕事と向き合ってきました。自分に証券営業としての才能があるかどうかは疑問でしたが、それを補うために、人一倍努力だけはしてきました。転職を考えるようになったのは、同じ証券営業として他社で働いている友人と話したことがきっかけでした。明らかに自分よりも実績のない友人が、はるかに好待遇で働いているという事実を知ったからでした。転職活動をするのは初めての経験のため、悩みながらの活動でしたが、活動をするうちに自分のアピールポイントも客観視することができるようになり、活動にも熱が入るようになりました。予定していたよりも多少時間がかかりましたが、希望する待遇での仕事が見つかり、今は満足しています。

証券営業=コンサルティング営業

(証券営業の転職・求人募集・中途採用最新情報)