製造メーカー商品企画の求人募集と中途採用・転職体験談


商品企画

製造メーカー商品企画の求人募集と中途採用・転職体験談

消費者の動向や嗜好を調査して新しい製品を企画開発する仕事です。文系・理系問わず新しい情報に対する感度が高く、挑戦的な志向がある人に向いています。

商品企画の転職体験談①
今までは、営業職をしていましたが、商品の開発に携わりたいという思いも強く、就職して5年目という区切りの年に転職を決意しました。転職活動を始めるまでは、商品企画という職種自体もよくわかっていませんでしたが、売れ筋の商品を作るための情報収集や、商品のよさをアピールするためのプレゼンテーション、販売戦略の策定や、製造部門との調整といった幅広い業務ができると知り、ぜひ挑戦してみたいと思いました。転職エージェントの担当者の方には、「畑違いの職場なので、今までの営業職で培ったキャリアを、どのように職務に活かせるかを効果的にアピールしたほうがよい。」などのアドバイスをいただくことができ、無事、商品企画への転職を成功させることができました。

商品企画の転職体験談②
身の回りのプラスチック製品を製造する会社に入社後は、さまざまな仕事を経験しました。入社して数年後に、当初から希望していた商品企画の仕事に配属されました。自分が担当するまでは商品企画の仕事は花形であり、やり甲斐のある仕事だと思っていました。けれどもやってみるとプレッシャーもあり、なかなか大変な仕事でした。何年か担当するうちに、商品企画としての実績もでき、自分では独り立ちができたと思っていましたが、給与面では昇級がほとんどなく、転職を考えるようになりました。転職する際にはこれまでの実績をアピールし、活動を行いましたが、担当した製品の実績が評価され、給与面でも満足できるところへ転職することができました。

商品企画の転職体験談③
自分が商品企画を担当した商品が爆発的に売れ、会社でも評価してくれるものと思っていました。社長からはお褒めの言葉はあったものの、それが給与などには一向に反映されず、金銭的には不満足な状況が続いていました。他社で同じような商品企画を担当している友人に聞いてみても、明らかに給料が安いと思ったので、転職を考えるようになりました。お世話になった会社には感謝していたものの、このままの給料では満足できず、いろいろ逡巡しましたが、転職をしようと決めました。仕事をしながらの転職活動は大変なこともありましたが、自分の希望するような待遇での仕事を見つけることができました。今は給料も多くなり、充実した毎日を送っています。

商品企画=商品開発、企画開発

(製造メーカー商品企画の求人募集と中途採用・転職体験談)