スーパーバイザーの求人募集・中途採用・転職まとめ


スーパーバイザーの中途採用

スーパーバイザーの求人募集・中途採用・転職まとめ

担当する複数の店舗、エリアの売上げ向上に向けた提案を行う仕事です。多くの人から好意を持たれ、運営ノウハウを伝えられる人に向いている職種です。

スーパーバイザーの転職体験談①
大手学習塾におけるスーパーバイザーに転職しました。個人で学習塾を経営していましたが、収入アップをめざし、転職を決意しました。自分で塾をしていた際に得た知識や経験を活かしてアドバイスができますし、自分のアドバイスを通じてフランチャイズ店も含めて教室が活性化していく様子をみていると非常に面白みとやりがいを感じているところです。スーパーバイザーの仕事は車での移動が基本ですが、もともと運転が好きでしたので、定期的にドライブすることができる今の仕事は自分に向いているなと感じます。車が苦手な方については電車での移動ももちろん可能ですので、まったく不安を感じる必要はありません。収入もアップしましたし、責任のある仕事も任せてもらっていますので、よいことづくめです。

スーパーバイザーの転職体験談②
スーパーバイザーにならないかという話をもらったので、中途採用で転職をしました。販売を長年していたのですが、私が売れば商品が売れるということで、今まで色々なところに引きぬいてもらって色々な物を販売してきました。失敗をしたこともあるし、うまくいかなかったこともあるのですがその経験を活かして仕事をして欲しいという話をもらいました。私の良いところばかりではなくダメだったところも含めて企業に活かしたいという話をしてくれたので、スーパーバイザーへの転職の話を受けることにしました。仕事の内容は今までとは変わらず、販売をしながらそのお店にあった売り方や社員の教育などをさせてもらっています。教えたり指示したりしながらも日々勉強をすることができるし、転職をして自分のためにもなってよかったと思っています。

スーパーバイザーの転職体験談③
スーパーバイザーと一口に言っても、いろいろな業界のものがあります。共通しているのは、本社の方針や意向を店舗に伝え、店舗の経営状況などを本社に伝えることです。私が転職の際に候補にしたのは、飲食業界です。できれば、お客として馴染みのある企業がいいなと思っていました。スーパーバイザーになるには、ある程度のキャリアが必要なので、以前の仕事での実績は重要だと思います。新卒ではなく転職の人が求められる求人である分、以前の仕事を活かして働きたいという中高年世代の人にはおすすめできます。スーパーバイザーになると、いろいろと責任が重くなり、上司の下で働いていたときは、偉そうに命令してと上の仕事に憧れていましたが、今は上司の大変さを感じてます。ですが、給料は以前より良くなりましたし、やりがいを感じながら仕事が出来ています。

スーパーバイザー=フィールドマン

(スーパーバイザーの求人募集・中途採用・転職まとめ)