仕入調達(製造)の仕事の求人と中途採用・転職体験談


仕入調達

仕入調達(製造)の仕事の求人と中途採用・転職体験談

製品の安定生産のために条件を交渉して、材料を購入する仕事です。文系・理系関係なくグローバルな視点で厳しい交渉ごとをできる人に向いています。

仕入調達(製造)の転職体験談①
これまで会社のためと思い、仕入調達担当として、さまざまな努力を重ねてきました。けれども思うような待遇を得ることができず、転職を考えるようになりました。同業他社に勤めている友人たちと比較すると、明らかに給与面での待遇が劣っており、このままでは将来の展望が見えないと思ったからです。転職する先でも仕入調達として働くため、時間をかけて転職活動を行いました。当初はなかなか思っているような仕事が見つからず、自分自身を過大評価していたのかと悩んだ時期もありました。けれども時間をかけて探したおかげで、仕入調達としてもやり甲斐のあり、また待遇も良い仕事を見つけることができ、今では大変満足し、充実した日々を過ごしています。

仕入調達(製造)の転職体験談②
品質の良いものを、できるだけ低価格で手配することが、仕入調達の仕事として求められることだと思い、日々それだけを考えて仕事をしてきました。やり甲斐があり、自分には向いている仕事だという自負がありましたが、車内での他の業務と比較すると、仕入調達の車内での評価は低く、転職を考えるようになりました。明らかに営業職などと比較すると、待遇に差があり、このまま勤めていても給与面での評価アップは期待できないと思ったためです。仕事をしながらの転職活動であるため、時には辛いこともありました。けれども時間をかけて、じっくりと探せば、仕事は見つかると信じ、自分を励ましました。時間はかかりましたが、希望する仕事が見つかり、転職して良かったと思っています。

仕入調達(製造)の転職体験談③
最初の就職先で自分には営業が向いてないと思い、購買の業務をしたいと思って転職先を探していました。面接の際に営業で上手くいかなかった話を面接官にしました。その営業の際に、前の会社の仕入調達部の運用が悪く、営業が売りたいときに商品がないことが多くて困ったことがあった体験談も話しました。そして自分が仕入調達の仕事をして、今度は営業の部署が仕事がしやすい環境を作りたいのが転職の理由だとの説明もさせてもらいました。そういった目線で話をする応募者はあまりいないとのことで面接官の方に興味を持たれたのか、2次面接、3次面接と進み、無事のこの会社に転職できました。仕入調達は先を見る目も大切だと考えて日々頑張っています。

仕入調達=購買、調達

(仕入調達(製造)の仕事の求人と中途採用・転職体験談)