臨床開発(製造)の仕事の求人と中途採用・転職体験談


臨床開発

臨床開発(製造)の仕事の求人と中途採用・転職体験談

医薬品や医療機器など人体に対する効果を検証・評価する仕事です。理系(医薬品は薬学・化学・生物など、医療機器は機械・電機など)が中心で計画的に基づいて成果を出すことに喜びを見いだせる人に向いている職種です。

臨床開発(製造)の転職体験談①
私は製造の会社で臨床開発のマネージメントを行ってきましたが、今までの経験を生かしてもっとキャリアアップをしたいと思い転職を決めました。自分で転職先を見つけるにしても仕事と並行して行わねばならず時間的な制約が多くて困っていたのですが、インターネットで臨床開発の転職サイトを見つけて利用する事にしました。キャリアコンサルタントが専任で付いてくれ、面談を行い自分の希望を伝えた所、条件に合った会社を紹介して貰う事が出来ました。面接で気をつける点なども教えて貰えましたし、細かな条件交渉もキャリアコンサルタントが代わりにしてくれましたので安心して転職活動を行う事が出来ました。自分の今までの臨床開発でのキャリアを認めて貰う事が出来て無事に内定を獲得する事が出来、臨床開発の転職サイトを利用して本当に良かったです。

臨床開発(製造)の転職体験談②
臨床開発は、大学病院、製薬会社、国公私立研究機関など医療系の機関での募集がなされます。Non-MD(医師免許未保有者)も多く活躍していますが、医療関連の知識を有していることが採用の前提となり、医療系の資格取得者の方が転職には優位に働きます。業務内容は、患者さんなど人と対面する業務よりも、データ解析などPCや顕微鏡を見ながら行う業務が中心となります。研究結果が確定するまでに多くの時間を要するため、開発内容によっては昼夜を問わず業務に従事することなります。転職を希望される場合には、勤務時間など業務形態をよく確認されることを推奨いたします。また、臨床開発では、雇用機関により、給与が大きく異なる業界なので、募集要項を確認しましょう。

臨床開発(製造)の転職体験談③
臨床開発は、製薬会社または大学病院で行われることが一般的です。臨床開発の従事者は、主に医師免許保有者と、理工系の大学出身の技術員で構成されることが多いです。医師免許を保有していなくとも臨床開発に従事することが出来ますが、臨床は名前の通り、患者さんの協力のもとで研究を行うため、保有者の方が優遇されることがほとんどです。転職活動は頻繁に行われている業界ですが、ポストが少ないため高収入を望むには、一回一回の転職を慎重に行う必要があります。臨床研究は、研究成果を問われることも間々ありますが、世間を驚かせる発表は滅多にできないので、基本的には論文数と年功序列で出世していきます。そのため、上のポストの人が極端に年齢が近い機関での就職は極力さけることを推奨いたします。

臨床開発=医薬品開発、医療機器開発

(臨床開発(製造)の仕事の求人と中途採用・転職体験談)