製造メーカー研究開発(R&D)の求人募集と中途採用・転職体験談


研究開発

製造メーカー研究開発(R&D)の求人募集と中途採用・転職体験談

様々な技術や素材を活かして耐久消費財を設計・開発する仕事です。理系(機械・化学・設備)が中心でものづくりを様々な視点から考えられる人に向いている職種だといえるでしょう。

研究開発(R&D)の転職体験談①
企業に新しいものを生み出す部署R&D、。これはリサーチ・アンド・ディベロップメントの略で、研究と開発職のことです。この部署は、企業のブレインと言っても過言ではありません。特に高い専門性を持った人材が求められ、また、様々な専門を持つ人が交流し、最先端の技術を生み出していくのです。この職に転職しようとするのなら、当然自身に高い専門性があることが求められます。全色も他会社のR&Dであったことは必須でしょう。転職でR&Dに来る人はほぼ、前職でもR&Dにいた人です。面接では前職でどういった研究をしていて、どういったスキルを持っているのかが問われます。その時に、転職先のR&Dが求めているスキルを持っている人であれば、採用されやすいでしょう。

研究開発(R&D)の転職体験談②
R&Dに転職してわかったことは製品の機能だけを考えるのではなく、製造や修理のことも考えて設計しなければいけないことです。製品を開発するときには、機能や使いやすさ、耐久性などを考えて設計しますが、組み立てることのできない製品を設計しては意味がありません。また、組み立るのに時間がかかれば、生産量に影響しますし、製造コストもかかるので、組み立て時間が短くなるような設計がとても重要になってきます。あと、製品が故障した時の修理のことを考えて、修理のしやすいような設計も考える必要があります。R&Dに転職したことで、製品を使用する人、製造する人、修理する人など多くの人のことを考えなければ務まらない仕事であると感じました。

研究開発(R&D)の転職体験談③
今までのR&Dとしての経験を活かせる職場で給料アップをしたいと感じて転職をすることにしました。コンサルタントに登録を行って転職活動を行いました。しっかりと希望を確認してくれて、自分に合った求人を紹介してくれました。自分で求人を探さなくても紹介してくれるから便利でした。そして一般には公開されていないR&Dの求人を知ることができたのが良かったです。面接の対策などもしっかりとサポートを行ってくれるので頼りにしながら転職活動を進められました。そのおかげで給料アップができる職場で働けました。福利厚生面も以前よりもかなり良い職場で働くことができるようになって毎日が充実しています。経験もしっかりと活かせるのでやりがいがあります。

R&D=開発、設計、開発研究、先行開発、商品設計、製品開発

(製造メーカー研究開発(R&D)の求人募集と中途採用・転職体験談)