プロデューサーの求人募集・転職体験談


プロデューサーの転職

プロデューサーの求人募集・転職体験談

番組やプロダクトを企画し、脚本家・出演者・ディレクターを任命し、制作のスケジュールや予算を管理する仕事です。多くの利害関係者の調整や予算の管理を行える人に向いている職種だといえるでしょう。

プロデューサーの転職体験談①
私は今まで自分のお店をいくつか開店させて経営を安定させてから、人に譲渡をしてきました。繁盛をさせるまでがとても好きで、やってみたいと思った事や流行りそうな物の情報を集めて販売をする仕事をしてきました。そういう姿を見て、新しいビジネスをつくるプロデューサーにならないかという話をいただきました。起業に属するのは苦手で、昔働いてすぐにやめてしまった経験があったのでとても不安があったのですが、プロデューサーという仕事なら色々な事業を提案する事ができると思ったし今までより幅広い仕事をする事ができると思ったので転職をしました。色々な人の案を聞く事で発想が豊かになるし、刺激が多い職場なので転職をして良かったと思いました。

プロデューサーの転職体験談②
長年、メディア関係で働いてきました。クライアントのために映像を作る仕事はやりがいが多いけど実力がないと出世をする事も難しくて、苦労をしました。それと同時に私が働いていた会社は上司に実力がある人が多くて、なかなか出世ができないという事もありました。その人たちから多くの事を学ぶ事ができると同時に厳しく指導をしてもらう事ができたおかげで実力をつけていくことができました。知人にプロデューサーとして転職の話をもらった事が数回ありました。最初は断っていたのですが、上司に相談をしたらその話があるときに転職をする事で自分の力にもなるという言葉をもらって転職をする決断をしました。プロデューサーはマネジメント能力が必要な職種で想像以上に大変な仕事ですが、思い切って転職をして良かったと思っています。

プロデューサーの転職体験談③
今まで色々なお店の開店に携わってきました。そういう部署にいた事で、色々な経験をする事ができました。自分のそのキャリアを知って、知人から新しいビジネスを作るプロデューサーになってみないかという話が上がりました。私のキャリアではプロデューサーは力不足になるのではないかと思っていたのですが、転職をして新しい環境に身を置く事で自分の経験を活かす事ができるのではないかという思いになり、思い切って転職をする事にしました。仕事として色々なビジネスのプロデューサーをする事になり、その都度勉強をする事も多いのですが、社長さんと向上心をもって前向きに仕事をしていく事ができる環境なのでとてもやりがいを感じる事ができる仕事だと思いました。トラブル処理、予算・スケジュールの調整など大変ですが、転職をして毎日刺激が多くて楽しい仕事をする事ができています。

プロデューサー=制作責任者

(プロデューサーの求人募集・転職体験談)