プライベートバンカーの求人募集・転職・中途採用情報


プライベートバンカーの転職

プライベートバンカーの求人募集・転職・中途採用情報

銀行や証券会社で投資関連商品を扱い富裕層の資産を増やして手数料を稼ぐ仕事です。顧客との信頼関係を築いて顧客の要望に応える二人に向いている職種です。

プライベートバンカーの転職体験談①
プライベートバンカーという仕事は、文字通り顧客のプライベートを熟知して成せる仕事です。顧客との信頼関係が第一ですが、一方で、プライベートバンカーといえども勤務先の従業員の立場でもあるので、勤務する金融機関と顧客との信頼関係を損なうことはできません。この仕事は、評価が年棒という目に見える形で現れるため、より良い待遇=自分を評価してくれる会社に転職を考えました。転職にあたって、これまでお世話になったお客様にはご挨拶はしましたが、自分のお客様としてついてきてもらうことはしませんでした。勤務先との退職にあたっての条件でもありますが、仕事の性質上、お客様も、会社との信頼関係を優先することは当然と考えてくれました。

プライベートバンカーの転職体験談②
プライベートバンカーという仕事は、富裕層を対象に、個人との信頼関係を大切にする仕事です。その一方で、プライベートバンカーといえども金融機関の従業員、会社と顧客との信頼関係の上に個人の信頼関係が成り立っています。そのため、転職にあたって顧客を持ちだす行為は、顧客と会社だけでなく、個人同士の信頼関係にもひびが入ってしまいかねません。同業の金融機関への転職は、顧客の持ち出しを、会社との契約の上でも、職業上の動議、個人同士の信頼の上でもできませんが、他業種ならばその限りではありません。保険は金融商品なので、元の職場との競合も皆無ではありませんが、不動産分野なら競合はないし、これまで培った扶養層のお客様との信頼関係も活かして仕事をすることができています。

プライベートバンカーの転職体験談③
私は、公認会計士からプライベートバンカーに転職しました。公認会計士という仕事も、難関の試験を突破しないとなれない職業です。忙しい毎日でしたが、それなりにやりがいも持っていました。しかし、最近自分の仕事に誇りを持つことができなくなってしまい、転職を決意しました。プライベートバンカーへの転職は、人材紹介会社を通じて行いました。どのように面接に臨めば良いかなどもアドバイスしてくれたおかげで、短時間の面接の間に自分をアピールすることが出来ました。もちろん、人材紹介会社を通じたからどこでも受かるわけではありません。私の場合は、3度目の正直でやっと内定をもらうことが出来ました。ですが、人材紹介会社を通じて転職活動をしたから、得られた内定だと思っています。

プライベートバンカー=資産運用担当

(プライベートバンカーの求人募集・転職・中途採用情報)