MR営業の求人募集と中途採用・転職体験談


MR営業の求人募集

MR営業の求人募集と中途採用・転職体験談

医療用製品・医薬品の正しい情報を医師に提供し使用してもらう仕事です。理系が中心ですが文系でもなれます。担当の医師との付き合いで信頼を勝ち取れる人に向いている職種です。

MRの転職体験談①
MRとは、製薬会社の営業部門に所属する営業担当者のことを指します。MRの業務は、大学病院や一般病院を訪問し、病院の専任事務職員や医師に対して自社商品を、販売することが中心となります。基本的には、営業先の病院とMRの信頼関係のもとになりたつので、医療関係企業(業界)からの転職が一般的です。転職時に求められるスキルは、最低限度の営業スキルと、医療に対する見識、体力です。原則として接待が法令により禁止され、夜間業務は少なくなったとはいえ、病院内で関係者を、長時間待つなど、依然として体力が必要とされます。転職時の選考では、体育会系のスポーツが趣味と語ると、担当者に好まれます。また、医療関係者は、専任職員を含め見識が広いので、様々な営業ネタを日々仕入れることが大切です。

MRの転職体験談②
MRとして、自社製品に関する知識は誰にも負けないという自負があったものの、もっと大きな舞台で活躍したいという気持ちが強くなり、転職を考えるようになりました。周囲からは気づかれることがないよう、転職活動には細心の注意を払いながら、活動を始めました。ちょうど新製品の発売予定が相次いだ時期と重なり、MRとしての仕事も多忙を極めましたが、その中でも時間をやりくりして、転職活動を進めました。これまでよりもはるかに高額な金銭的な待遇を得ることができ、とても満足しています。後輩たちから転職に関する相談を受けることも多くなり、ますます自分に対する責任も感じるようになりました。自分の選んだ道に、これからも邁進したいと思っています。

MRの転職体験談③
他社のMRと接することが増えるにつれて、自分の待遇の低さが気になるようになりました。当初はやり甲斐を感じられることに満足してましたが、MRとしての仕事が多忙を極めるようになるにつれて、転職を考えるようになりました。仕事のやり甲斐に加えて、それに見合うだけの待遇があれば、より仕事に邁進することができると考え、転職活動を開始しましたが、本業との両立は多忙を極め、時には挫けてしまいそうになることもありました。現在は希望と同程度の待遇の仕事に就くことができ、満足感を持っています。けれども同じ業界であっても、転職をすればまた知識の習得に励まなければならないため、転職をする際には、強いモチベーションが必要だと感じています。

MR=医薬情報担当者

(MR営業の求人募集と中途採用・転職体験談)