地方銀行法人営業の転職・求人募集・中途採用情報


地方銀行法人営業の転職

地方銀行法人営業の転職・求人募集・中途採用情報

地元の中小企業の経営者に金融サービスや融資を提供する仕事です。地元に根ざし、顧客と長く関係性を築ける人に向いている職種だといえるでしょう。

地方銀行法人営業の転職体験談①
私は、以前ある会社で受付事務をしていました。小さな会社だったので、いつリストラされてしまうかわからない不安を抱えながらお仕事をしていたのです。また、キャリアアップに繋がっていないなと感じていたこともあり、転職を考え始めました。そんな時に、地方銀行に勤めている友人から、法人営業の求人募集をしているという話を聞きました。地方銀行なら、おそらくリストラされる心配もなさそうだし、人と接することは慣れているので応募してみることにしたのです。有給休暇を取りながら、迷惑をかけないように、転職活動を行いました。友人から話は聞いていたので、法人営業の仕事内容などは理解していましたが、面接ではより詳しく聞きたかったので、細かいことも質問しました。無事に仕事が決まりましたが、色々な会社に行くことも多くなり、勉強になるので毎日が刺激的です。

地方銀行法人営業の転職体験談②
某銀行の個人向けの営業部門にいましたが、法人営業に挑戦してみたいと思い、地方銀行の法人営業に転職しました。転職に当たっては、まず転職エージェントに登録し、キャリア面談を行っていただきました。できればメガバンクのような、コンサルティング的な営業に挑戦してみたいと思い、メガバンクを志望していましたが、なかなか求人がなく、エージェントの担当者の方の「地方銀行のほうが、より地域に密着したサービスを行うことができますよ。」とアドバイスしてくださったことから、比較的求人が多かった、地方銀行の法人営業部門に応募をしてみることにしたのです。
法人営業としては、まだまだ新人ですので、思ったようなコンサルティング型の営業はできておりませんが、いつか実現させたいと思っております。

地方銀行法人営業の転職体験談③
元は、都市銀行で法人営業を担当していたのですが、地元に帰ることになり、今までの経験を生かして、地元の地方銀行に転職できればよいなと考えました。地方銀行への転職はなかなか難しいので、地元の知人を通じて、もしそのような需要があれば知らせてもらえるように頼んでおきました。無理であれば、不動産など金融に関わる分野への転職も視野に入れていました。ある程度時間をかけて待っていたのがよかったのか、たまたま法人営業を強化したいという銀行から転職の話をいただくことができました。今までと勝手が違う部分はたくさんありますが、今まで培ったコネクションやノウハウが生かされることも多々あり、よい状態で前職を生かすことができてよかったと思います。

地方銀行法人営業=渉外担当、融資担当

(地方銀行法人営業の転職・求人募集・中途採用情報)