求人広告営業の求人募集・転職体験談


求人広告営業の転職

求人広告営業の求人募集・転職体験談

正社員・アルバイトなど採用ニーズがある企業に求人広告の企画を提案する仕事です。顧客となる企業を探し、企業訪問を地道に行い、企業を理解した上で提案できる人に向いている職種です。

求人広告営業の転職体験談①
私は以前、IT企業で一人で作業をする仕事をしていましたが、30代に近づくにつれ、人の役に立てる仕事がしたいと思い始めました。働きながら、転職雑誌を休憩中に見たりすることもありました。昔から人の相談相手になって、話を聞くことが好きだったので、そのような仕事をしたいと考えていました。ある時、求人広告営業の求人募集を見かけたのです。色々な人達や色々な会社に出会えそうだなと感じました。また、仕事を探している働きたい人達の役に立てるお仕事かもしれないなと思い、転職活動をすることにしました。以前働いていた会社には、迷惑をかけないように、有給休暇を利用しながら某求人広告会社の面接に行ってみたのです。面接官に、求人広告営業の仕事内容について詳しく聞きました。営業支援や新規代理店開拓を行う求人広告の販売代理店の仕事でしたが、私の熱心な態度が好感を持たれたようで、すぐに仕事が決まりました。

求人広告営業の転職体験談②
学生時代からスポーツをしていて体力に自信があった事や人と接するのが好きという理由で、卒業後は飲食店に就職しました。店長として店舗の運営をする仕事にやりがいを感じていましたが、将来を考えた時にずっと続けられるのか不安でした。そんな時にいつも店のスタッフ募集の為に利用していた求人広告の営業担当者と親しくしている中で、人員に空きが出たことを聞き、求人広告営業への転職を考え始めました。求人広告を利用してもらうために企業へ出向くという点は、お客様から足を運んでいただく飲食店とは異なりますが、同じ人と接する仕事という点ではこれまでの経験が活かせるのではないかと考え、面接時にアピールしました。そしてこれまでの経験とフットワークの軽さが認められ、求人広告営業への転職に成功しました。今では実際に働く人の気持ちに共感できるという点で、人材が不足しがちな飲食店への営業活動を多く任され、やりがいを感じています。

求人広告営業の転職体験談③
求人広告営業の仕事(人材派遣、人材紹介、採用代行含む)はノルマもあり大変ですが自分が企業に提案し作った原稿を見ていい人が採用できると嬉しく、やりがいを感じていました。勉強になるので普段から色んな求人広告を見ているせいもあり、自分の転職先を探すときもこの原稿は何人くらい応募が来たかなとか考えてしまって転職活動が前に進まないこともありました。求人広告営業をしていると求人広告の裏を読み取る事もできるのでアットホームを強調しすぎているから、待遇には自信がない会社なのかなとか素直に求人広告を見る事ができないところは良くないかもしれません。求人広告を知りすぎてしまったあまり自分の転職の時には考えてしまってちょっと大変でしたが思った通りの会社に転職することができました。

求人広告営業=広告営業、営業

(求人広告営業の求人募集・転職体験談)