教務事務の求人募集・中途採用・転職体験談


教務事務の転職

教務事務の求人募集・中途採用・転職体験談

大学、塾、予備校の生徒を募集し、講師をマネジメントし、教室運営事務を行う仕事です。生徒の進学相談に乗り、モチベーション管理ができる人に向いている職種だといえるでしょう。

教務事務の転職体験談①
教務事務は、転職先として非常に人気のある業務形態です。教務事務が人気である理由は、給与の高さ、転勤エリアの狭さ、営業成績が求められないなど多岐に亘ります。一般的には、偏差値に応じた給与体系が組まれており、早慶、MARCHでは、サラリーマンの平均給与を超えることも、非常に多いです。教務事務の求人は、特定のスキルを有した人物を求めて出されることが多いため、転職を希望する場合には、相手校の求めるスキルが何かをよく確認しましょう。アットフォームな環境であることが多いですが、学校によって職場の雰囲気が大きく異なります。就職を決める前に、学食などで学生・教職員の雰囲気を事前に、確認されることを推奨いたします。

教務事務の転職体験談②
教務事務の業務は、学校法人における事務室で行われます。入試広報・成績処理・履修管理・学生生活管理・カリキュラム管理・資産管理など、教務事務業務の範囲は多岐に亘ります。近年では、教務事務への人気が高まり、転職時の倍率も軒並み上昇しています。教務事務の求人は、リクナビやマイナビなどの大手求人に掲載されることもありますが、学校のHPに求人が記載されることが非常に多いです。転職を希望される方は、小まめに学校のHPを確認しましょう。新任職員に対しては、在学中の活動記録などを問われることが中心ですが、転職者(中途採用)に対しては、前職の活動が重んじられます。前職での業務内容が、如何に就職希望先で役立つのか、面接前に熟考されることをお勧めいたします。

教務事務の転職体験談③
教務事務職員は、大きく分類して法人部門と学生部門の2種類で募集が行われます。法人部門では、一般企業と同様に、人事部・経理部門・総務部門・広報部門などで構成されます。後者の学生部門が教務事務独特の業務内容であり、成績処理や入試広報、シラバスの作成、学生情報の管理、就職支援などになります。転職者は、法人部門や就職支援などに配属されることが一般的です。転職活動中に求められる技能は、前職で培った能力が中心となります。一部の部署を除き、営業などの技能を求められることが無いので、法人系の技能を有した方が転職市場では強いです。独特の業界であるため、事前に自身の求める環境とマッチしているか、よく吟味してから応募されることを推奨します。

教務事務=校舎運営、教務担当

(教務事務の求人募集・中途採用・転職体験談)