広告営業(メディア)の求人募集・転職


広告営業(メディア)の転職

広告営業(メディア)の求人募集・転職

広告を掲載するクライアントを探して広告掲載を働きかける仕事です。クライアントとの関係を築いて、クライアントの要望に合った提案ができる人に向いている職種だといえるでしょう。

広告営業の転職体験談①
広告営業(メディア)の仕事は知識と経験も大切ですが、それ以上に人脈とルートがモノを言います。転職の際は、仕事で培った人脈とルートは、自分自身の財産として持っていきたいところですが、それが大切な財産であることは会社にとっても同じことです。目に見える品物や情報ならば会社の財産と個人のものを見分けることは比較的容易ですが、目に見えない人脈やルートは、転職の際に、具体的にどの範囲までは利用で来て、何をすると守秘義務に触れるか、明確な協議をしておきましょう。広告営業(メディア)の仕事では、せっかく持っている人脈やルートを、自主規制で使えなくなってしまっては、かえって自由な営業ができなくなってしまいます。

広告営業の転職体験談②
出版会社の営業経験を活かす形で、広告営業(メディア)の会社へ転職しました。これまでは受注が主体となる業務でしたが、これからは記事広告や特集広告など提案型の営業活動を行うことになります。けれども、今までの営業活動の中で、クライアント企業である広告主が求める要素となる販売戦略や企業戦略を多く感じ取ることができていたので、これからはそれを活かすことで提案できると思います。面接の時にもその意気込みを伝えることによって、広告営業(メディア)という異業種でも無事転職採用されたのではないかと分析しています。似たような業種ではありますが、仕事自体は異なるアプローチを持つものとなります。けれども顧客が何を望むのかを理解し、そして自分が何を提供できるのかを把握していれば、自ずとやるべき事は決まってくると思います。

広告営業の転職体験談③
私は金融関係の仕事をしていたのですが、学生時代から広告の仕事に興味を持っていました。ただ現実問題として広告の仕事は自分には合わないのではないかと感じで、金融関係の仕事に就いたわけです。金融と言っても営業職だったのですが、営業の仕事はきつい反面お客様との応対などたくさんのことを学ばせてもらいました。金融関係の仕事に就いて数年後に、ある求人情報で広告営業(メディア)の求人が出ているのを知りました。その時もまだ広告の仕事に興味はありましたし営業の仕事も数年経験していたので、思い切って広告営業(メディア)に転職する決意をしました。そして思い切って広告営業(メディア)の仕事に転職して、今では充実した日々を送っています。仕事内容は以前よりも厳しいですが、好きなことをさせてもらっているという充実感で一杯なので、それほど苦にならずに働いています。

広告営業=広告、媒体営業、(広告)代理店担当

(広告営業(メディア)の求人募集・転職)