記者・ジャーナリストの求人募集・転職体験談


記者の転職

記者・ジャーナリストの求人募集・転職体験談

世の中の様々な出来事を取材し記事にして読者に伝える仕事です。情報源となる人脈を作り、出来事の本質を理解し、それを文章で表現できる人に向いている職種だといえるでしょう。

記者の転職体験談①
これまでに大きな特ダネを獲得した経験はありませんでしたが、担当先の人たちとのコミュニケーションにより、他社に先んじて、さまざまな情報を獲得してきました。未経験で飛び込んだこの世界でしたが、記者としての経験もある程度できたため、より大きなチャンスを獲得したいと思い、転職を考えるようになりました。記者という仕事である以上、どこで働いても休日などはあまり期待できませんが、金銭的にはもう少し恵まれた職場で働きたいという希望を持っていました。転職先として選んだのは、ライバルともいえる企業でした。これまでよりも良い待遇で仕事をすることができるため、今までよりも大きなやり甲斐を感じながら、仕事に邁進しています。

記者の転職体験談②
記者という仕事は、コミュニケーション能力が大切だということは常々実感してきました。いろいろな取材先での人間関係も構築できるようになり、仕事のやり甲斐も強く感じるようになりました。仕事そのものにはやり甲斐を感じていたものの、待遇が決して良いとはいえず、転職を考えるようになりました。他社の記者と比較してみても、待遇は明らかに良いとはいえず、自分が正当に評価されていないと感じていました。仕事をしながらの転職活動は辛いこともありましたが、自分が正当に評価される仕事に就くためだと自分を励まし、活動を続けました。時間はかかりましたが、記者としての自分を正当に評価してくれる仕事が見つかり、今は大変満足しています。

記者の転職体験談③
新聞広告で募集されているのを知り、憧れだった記者の仕事に転職しました。コミュニティ情報誌の記者のお仕事でした。自分自身コンビニなどで立ち読みしていて知っていた雑誌でしたので、募集を見たときには絶対に自分がやりたいと強く思ったものでした。面接の際にもその点を強くアピールしました。記者の仕事は未経験でしたが、先輩がサポートしてくれますので、特に問題なく働くことができています。転職の際には仕事内容を重視し、給与面にはそれほど注意を払わなかったのですが、生活に必要な収入は得られていますし、自分の好きな仕事をしているということでストレスも感じませんので、大成功の転職だったのではないかと考えているところです。

記者=編集記者、事件記者、報道記者

(記者・ジャーナリストの求人募集・転職体験談)