エネルギー/基礎研究・研究開発の求人・募集・転職体験談


基礎研究(エネルギー)の求人

エネルギー/基礎研究・研究開発の求人・募集・転職体験談

企業のサービスの基礎となる技術を研究する仕事です。物事を探求し、新しい発見をしたい人に向いている職種だといえるでしょう。

基礎研究の転職体験談①
化学関連の企業にいましたが基礎的な研究業務を追求したく、エネルギー関連の企業に転職基礎研究(エネルギー)の仕事に従事しています。以前の職場と異なり、開発などのノルマが無いことが非常に有り難く、納得のいくまで突き詰めて研究ができるところが嬉しいところです。それでも成果は求められますので、定期的に研究報告書を作成し提出しています。企業の利益に短期的に結びつく内容を得ることは難しいのですが、小さな発見を積み重ねていく根気が必要と感じています。基礎研究(エネルギー)の仕事に転職して良かった事は、好きな研究に没頭できることです。勤務時間は長く深夜に及ぶことも少なくありませんが、家族の理解が得られているところも有り難いことです。

基礎研究の転職体験談②
基礎研究職は、深い専門知識を有する人を必要としています。特にエネルギー分野では、近年の科学技術の発達により、昔よりも相当深い知識や経験が求められています。基礎研究(エネルギー)分野への転職は、基本的には大学院を修了していることが条件となるでしょう。基礎研究(エネルギー)分野を行っている職業といえば、まず最初に浮かぶのは大学です。そして理研や産総研のような国の研究機関でしょう。さらに、エネルギーの基礎研究を行う企業もあります。基礎研究は利益に結び付けるのは簡単ではなく、ベンチャー企業中心となるでしょう。大手の企業でも基礎研究を行っているところはあります。もし、転職するならば、一般的な面接とは違い、自分のこれまで行ってきた研究についてのプレゼンとその質疑応答が中心となるでしょう。

基礎研究の転職体験談③
企業の基礎研究(エネルギー)の仕事は、一部の例外を除いて目覚ましい成果を残すのは難しい仕事です。そのため、人事評価や待遇の面でも、客観的に正当な評価をされているか、自問自答をすることも少なくありませんでした。そんな時に、基礎研究(エネルギー)部門のトップ交代があり、自分を評価してくれた先輩も会社を去ることになりました。そこで、自分自身も転職を意識しましたが、知的財産については、転職にあたって秘密保持などの誓約書を提出することになりました。研究職は、ふんだんな予算はあるに越したことはないし、待遇もいいに越したことはありませんが、それ以上に、チームとして働きやすい環境が必要で、いい上司、先輩に恵まれることが大切と思います。

基礎研究=研究開発、エネルギー研究

(エネルギー/基礎研究・研究開発の求人・募集・転職体験)