経理の求人募集・転職体験と転職サイトのおすすめ


経理の求人募集・転職

経理の求人募集・転職体験と転職サイトのおすすめ

自社のお金の出入りを管理し、事業の実態を数字で見えるようにする仕事です。お金の流れを正しく管理できる責任感の強い人に向いている職種だといえるでしょう。

経理の転職体験談①
経理の仕事は、基本的な知識は共通することも多いですが、会社によって、使用する会計ソフトや勘定科目はさまざまです。また、製造業のように材料から製品を作る業種、卸売りや小売りのようにし入れたものを売る業種とサービス業など、業種の特性によっても経理で得たい情報の種類は異なります。そのため、経理での転職は、過去の知識と経験にとらわれすぎないことが大切です。過去の経理の知識や経験と、違いを見つけることは、仕事の内容の違いを把握するためにも役立ちますが、どちらが正しいということではなく、その会社が必要な財務情報を知るために、経験上積み上げられたのがこれまでの経理方法です。転職前の知識に固執しないで、新しい会社に先ず順応して、過去の経験を活かすのはそのあとにするのが有効です。

経理の転職体験談②
会社の事業活動は、すべての面でお金の動きを伴うため、経理の仕事は在職年数にかかわらず、会社のさまざまな部門の仕事にかかわりを持つことになります。また、経理の仕事は、立場は従業員ですが、経営に必要な情報に接して、時にはコスト意識など、経営者のサイドに立った考え方も求められます。そのため、経理部門で転職を志すなら、仕事はあらゆる部署でそうですが、特に信頼が第一に求められます。そこで、経理部門の転職では、業務の知識と経験以外にも、会話や人柄が見られていると自覚しておきましょう。前の会社への不平不満を言っていたり、給与の金額などの待遇にばかり固執せず、バックオフィスの仕事へのプライドを持って面接に臨むのがおすすめです。一従業員の立場でも経営に近づけるので、やりがいのある仕事です。

経理の転職体験談③
経理職として仕事の幅を広げたいと感じて転職をしました。今まで補助的な仕事だったので、一人で決算までできるようになりたいと感じていました。経験を活かせるだけでなく簿記の資格を取るなどしてステップアップできるように行動しました。面接の場でもしっかりとやる気をアピールして、やりたい仕事やどのように成長したいのかなどを伝えるようにしました。応募書類のしっかりと作り込みました。書類で落とされることがないように丁寧に記入をしていました。そのおかげで経理として幅広く任せてもらえる職場に転職することができました。決算期は忙しく休みが取れませんが、給料は以前よりも多くなって待遇面もとても満足しています。やりがいのある仕事もできるので転職して良かったです。

経理=会計、出納

(経理の求人募集・転職体験と転職サイトのおすすめ)