住宅販売営業の求人募集と中途採用・転職体験談


住宅販売の求人募集

住宅販売営業の求人募集と中途採用・転職体験談

新築、改築を検討している見込み客を探し、提案営業する仕事です。顧客となる家族の意向を正しく理解し、最適なプランを提案できる人に向いている職種だといえるでしょう。

住宅販売の営業・転職体験談①
新採で、ある住宅会社に採用され、住宅販売に関わっていました。販売の業績もあげ、評価ももらえるようになってきましたが、会社の方針と合わなくなってきていました。「ずっとこれからもこの会社で働き続けることができるのだろうか」と1年ほど考えました。ちょうどその頃、郷里の親が体調をくずしたこともあって、会社をやめて地元に帰ることになり、地元のいろいろな住宅会社を調べたり、実際に知人に話を聞いたりしていました。今までは全国規模の会社にいましたが、これからは、何かあった時に、住宅を販売した人の顔が思い出せて、すぐに駆けつけられるような仕事をしていきたいと思い、地域密着型の住宅販売会社に転職しました。転職サイトや地元のハローワーク、新聞の求人広告など、いろいろな方法で調べましたが、結局転職サイトにお世話になりました。今までの経験を生かすことができて、同時に新しい経験もさせてもらっています。

住宅販売の営業・転職体験談②
住宅販売の仕事に転職をしました。販売の仕事を長年していたのですが、収入アップとキャリアアップをしたくて転職先を探していました。販売にやりがいを感じていたので、販売のジャンルで仕事を探している時に住宅販売の仕事を見つけました。転職をして働き始めて、販売の仕事でも違いがあり面白いというのと覚えたりする事が多くて最初はとても苦労をしましたが、競合他社の提案を探りつつ、顧客の予算。ローン返済計画を考えたりと一つ家を売るというのがこんなに大変なのかと感じました。でもそれが自分に火をつけてやりがいになっています。自分が売っている物の良さを感じているので、お客様にもそれが伝わればいいなと思って販売をしています。販売の仕事が自分には向いているのだなと転職をして改めて感じました。

住宅販売の営業・転職体験談③
住宅販売の営業に転職をしました。長年販売の仕事をしていたのですが、あまりやりがいを感じなくなっていたので転職活動をしていました。やりたいと思った仕事があれば転職をしようと思っていたところに、知人が住宅販売の仕事をすすめてくれました。キャリアアップをする事ができるし、とても興味を持ったので思い切って始めてみました。住宅についてはほとんど知識がなかったので、住宅展示場への来場、問い合わせ、飛び込み、アポ入れなど最初は学ぶ事や覚える事が多くてとても苦労をしましたが、上司に恵まれてとても多くの事を学ばせてもらっています。こういう経験もなかなかできることではないし、販売する物の良さを自分が把握することでお客様が家を買いたいと思うようになってくれることはとてもやりがいを感じます。

住宅営業=カウンセリング営業、提案営業

(住宅販売営業の求人募集と中途採用・転職体験談)