情報通信サービス企画の転職・求人募集


情報通信サービス企画

情報通信サービス企画の転職・求人募集

IT技術を駆使した自社の製品やサービスを企画、開発する仕事です。最新の情報をいち早く取り入れ、ユーザーに支持されるものを探せる人に向いている職種だといえるでしょう。

サービス企画の転職体験談①
好きで飛び込んだ情報通信・インターネット関連の業界ですが、企業間の競争が激しくドッグイヤーと呼ばれるスピードです。この業界は全作業の約9%を占め、まさに「人材は宝」という状況なのだと思います。そのため転職することで、今までよりも待遇がアップした友人が多く、自分もいつかは転職したいと考えるようになりました。今注目されているスマホを中心とするモバイル関連のサービス企画としての実績もある程度できたため、転職のチャンスだと思い、賞与が支給された直後から活動を始めました。転職すれば次の賞与は支給されない可能性もあるため、賞与の大部分は貯蓄に回しました。サービス企画としての経験はあまり長くはありませんでしたが、実績が評価され、予定よりも早めに仕事が決まりました。友人たちと同様、転職後は待遇もアップし、大きなやり甲斐を感じながら働く毎日です。

サービス企画の転職体験談②
情報通信の業界には、多くの友人が働いていますが、企業間で待遇に大きな差があると考えていました。小さな会社ではブラック企業と呼ばれているところもあります。同年齢の友人は、他社で私と同じサービス企画として働いていますが、私と比較するとはるかに好待遇であることを知り、転職を考えるようになりました。常に新しい情報を得て、有料・無料の広告モデルを考えるサービス企画という仕事は自分には合っており、またやり甲斐も感じていましたが、自分の能力が正当に評価されていないと感じるようになり、転職したいという気持ちが強くなりました。仕事をしながらの転職活動は、思うようにいかないこともありましたが、何とかがんばり抜き、新しい仕事を見つけることができました。転職するのには大きな決断が必要でしたが、今後の生活を考えると、仕事を変えて良かったと思っています。

サービス企画の転職体験談③
営業からサービス企画に異動になったときには、早く営業の仕事に戻りたいと考えていました。けれども日進月歩で進歩する技術に伴う新しい製品の企画、コンテンツを考えるサービス企画の仕事を覚えるのにつれて、この仕事が楽しくなり、自分の天職だと思えるようになりました。今後もこの仕事を極めたいと考えるようになりましたが、営業の時よりは収入が少なくなってしまったのだけが難点でした。そのため転職して、好待遇の環境で仕事がしたいと考えるようになりました。サービス企画としての職歴はあまり長くはありませんでしたが、評価してもらえるだけの実績はあったため、積極的に転職活動を行いました。短期間のうちに新しい仕事が見つかり、給与をはじめとするその他の待遇も大幅にアップしました。今では大きなやり甲斐を感じながら、働く毎日です。

サービス企画=サービス開発

(情報通信サービス企画の転職・求人募集)