情報システムの求人募集・転職体験談と転職サイトのおすすめ


情報システムの求人

情報システムの求人募集・転職体験談と転職サイトのおすすめ

情報システムを導入し、活用する仕事です。常に最新の技術動向をチェックし、費用対効果のバランスを考え、システムを見極められる人に向いている職種だといえるでしょう。

情報システムの転職体験談①
社内SEとして、社内情報システムのメンテナンスと保守を担当していました。それなりにやりがいは感じていましたが、逆にこの情報システムに関する技術と知識しか身につけていない自分に、少々焦りも感じていました。30歳を目前にその気持ちがどんどんと大きくなり、システムインテグレーターとして転職することを決意しました。転職エージェントでは、多数の求人情報を紹介してもらうことができ、また履歴書や面接の仕方について細かく指導してもらえました。キャリア面談では、今までの職務で身についたことが活かせる分野をおしえてもらえたり、実績として足りない部分をカバーするためのアピールポイントを見つけることができたように思います。

情報システムの転職体験談②
情報システムは、業界や企業規模に関わらず、常に求められる職種です。新卒者から雇用しシステム担当としての技能を叩き込まれる方と、既に前職で技能を有した方の2種類で構成されます。転職者を情報システム担当に据える場合には、後者のシステム担当としての業務に従事してきた人物を求められることが非常に多いです。大手のIT企業などから、指名制で引き抜きが行われることも、頻繁に行われます。大学病院などでは、電子カルテシステムを構築する業務などが宛がわれるケースも見受けられます。特殊な業務で人との接点があまり無いケースもあるので、事前に自身が転職を希望する企業が、どのような形態での業務となるのかリサーチされることを強く推奨いたします。

情報システムの転職体験談③
今やあらゆる企業は、OA化、IT化が進み、帳簿や資料が紙だけだったり、ネットを使っていない会社は少数派です。日常扱っている業務の資料やデータの多くは大切な企業秘密で、財産です。情報システム担当の仕事はその財産を守る役割なので、従業員としての職歴が何年かにかかわらず、重大な役割を担っているといえます。転職にあたっては、自分が知っている情報システムのすべてを新しいスタッフに引き継ぐだけでなく、自分が転職後にはそれらにアクセスすることができないような対策を後任に伝えておきましょう。転職後のセキュリティ対策については、具体的な手順は自分で指示せず、自分が知り得ている会社の情報システムに関する情報をすべて伝えれば、後任の職員または外部の専門家で対策をしてくれます。

情報システム=システム、情報企画

(情報システムの求人募集・転職体験談と転職サイトのおすすめ)