情報通信業(法人営業)の求人募集・転職・中途採用最新情報


情報通信業(法人営業)

情報通信業(法人営業)の求人募集・転職・中途採用最新情報

情報ネットワークの構築や通信コストの削減等の企画を提案する仕事です。顧客企業の通信の問題を発見し、解決手段を提案できる人に向いている職種だといえるでしょう。

情報通信 法人営業の転職体験談①
私は38歳の会社員です。私は、大学を卒業してからずっと大手自動車メーカーのディーラーに勤めていました。消費増税で新車販売台数が伸び悩む中、私は必死になって車を販売してきました。しかし、ふと別の仕事がやりたくなり、39歳になるのをきっかけに転職することを決めました。私が前々から興味があった法人営業(通信)の仕事を中心に、今のディーラーの仕事と並行しながら転職活動を行いました。仕事と同時進行で転職活動をするのは決して楽なものではありませんでしたが、私の決死の努力が報われたのか、見事法人営業(通信)の会社から内定をもらうことが出来ました。私にはもうすぐ中学生になる娘がいますが、思春期の多感な時期の娘もこれには大変喜んでいました。

情報通信 法人営業の転職体験談②
通信分野の技術は日進月歩で、それを追いかける法規制の改革も進むので法人営業(通信)の仕事は、自社商品だけでなく、法規制の知識も必要です。そのため、法人営業(通信)の仕事から、一般の営業職への転職は、仕事の内容自体が大きく変わってしまう不安がありました。でも、法人向けの事務用品の営業では、対象とするエンドユーザが法人のオフィス部門という共通点があり、転職後もの仕事内容の変化に対する心配は杞憂となりました。営業職では、あまりにも元の仕事と内容が重複すると、退職する際に元の会社と取り決めをしたり、ビジネスの上の審議としても出入りがしづらいし、時には、前の会社、新しい会社の両方に迷惑をかけることになりかねないので、これまでの経験を活かせる中で、全く同じではない仕事を選んだのは正解だったと思います。

情報通信 法人営業の転職体験談③
法人営業(通信)に転職をして、通信関連の製品やサービスを組み合わせて情報ネットワークの構築することにやりがいを感じています。人脈も増えましたし、いろいろな人とコミュニケーションをとることの大切さも学ぶことができました。本当によかったと感じています。法人営業(通信)に転職をしたことで、毎日新しいことを勉強しなくてはいけなくなったのですが、勉強することの楽しさにも気がつくことができました。毎日いろいろな人とかかわりながら仕事をして、家では勉強という生活で少し辛いと感じることもあるのですが、転職をしたことで給料もとても増えましたし、私は今回の転職に満足をしています。法人営業(通信)の仕事は大変ですが、とてもやりがいがあります。今後も頑張ります。

法人営業(通信)=営業、通信営業

(情報通信業(法人営業)の求人募集・転職・中途採用最新情報)