製造・品質管理の求人と中途採用・転職体験談


品質管理

製造・品質管理の求人と中途採用・転職体験談

生産された製品を検査し、不具合や欠陥を発見し、状況に応じて製造ラインを改善する仕事です。理系が中心で欠陥を防ぐために地道に模索し続けられる人に向いている職種です。

製造・品質管理の転職体験談①
専門的な仕事をしたいと思い、品質管理の仕事に転職しました。仕事に対するイメージは、製品の完成品及び仕掛品のサンプルを検査機器を使い検査し不良がないか調べることでした。しかし実際の品質管理の仕事は、とても多種多様で驚かされました。まず不良品についてですが、社内で出た不良と客先へ出荷してから発見された不良とがあります。社内で出た不良に関しては、その原因を追究し改善案を現場責任者と話し合います。客先へ出荷後に見つかった不良に関しては、客先に文書で不良原因と改善案の報告を行います。製造作業工程自体に問題がある場合は、作業標準書を改訂したり品質基準の見直しを行います。現在は、製造業のほとんどが品質の国際規格ISO9001を取得していますので、その文書類の見直しも仕事の一つです。転職して品質管理は製造業の会社では、最も重要でやりがいのある職種だとわかりました。

製造・品質管理の転職体験談②
製造会社の品質管理の業務を担当してきましたが、長年の経験を生かして今以上に品質管理業務のキャリアを積み重ねたいと思い転職を決めました。担当している仕事もありなかなか転職活動に身を入れる事が出来ずどうしたら良いのか悩んでいたのですが、インターネットの転職情報サイトを見つけて利用してみる事にしました。登録を済ませてからキャリアカウンセリングを受けて担当のキャリアコンサルタントさんと条件について話し合い、品質管理のキャリアが今以上に生かせる会社を紹介して貰えました。キャリアコンサルタントさんが私に代わって条件交渉も行ってくれましたので有り難かったですし、面接時のアドバイスなどもとても役に立ちました。無事に内定を貰う事が出来て嬉しかったですし、転職情報サイトに相談して本当に良かったと思っています。

製造・品質管理の転職体験談③
化学系の専門学校を卒業して、輸入化粧品関連の企業で品質管理部門に配属され数年勤務をし、現在はOEM化粧品メーカーで品質管理業務を担当しています。輸入化粧品の品質管理業務と比較すると、現在の仕事は分析機械を使用した検査や仕様書の作成、クレーム処理、外注先の管理と幅広くまだまだ勉強する必要がありますが、やり甲斐もあります。前職は残業も多く、給与にも少し不満が有りました。結婚を機会に転職を考え現在の企業に入るまでにはしばらく掛かりましたが、現在の会社は一部上場の化学メーカーの子会社であり、待遇も前職より改善され安心して働く事が出来ています。長く勤めていた会社を離れるのは不安もありましたが、転職する勇気を与えてくれた妻には感謝しています。

品質管理=品質試験、品質保証

(製造・品質管理の求人と中途採用・転職体験談)