サービス業/営業企画の求人・募集・転職体験談


サービス業(営業企画)

サービス業/営業企画の求人・募集・転職体験談

自社で提供するサービス・商品を顧客の立場から再設計する仕事です。顧客の視点から既存のサービスや商品を見直せる人に向いている職種だといえるでしょう。

営業企画の転職体験談①
営業企画に関わる会社へ転職しました。これまではセールス業務に携わっていましたが、その経験を活かした仕事に就きたいというのが動機となります。顧客開発を得意としていたので、面接時にはその点に絞ってアプローチをしました。幸いにも転職を希望した会社でも、新規顧客開発をメインとした営業企画部署を立ち上げて、そのスターティングメンバーを募っているとのことで、無事面接は終了して採用ということになりました。その面接を受けた際に気づいたことですが、こちらのアピールももちろん大切ですが、それはあくまでも先方の会社が求める技能と一致して初めて効果が生まれるということです。つまり最初に、転職を希望する会社ではどのような人材を必要としているのかを、しっかりと把握することが重要だという事です。

営業企画の転職体験談②
営業企画とはどのような仕事を指すのか、意外と多くの方が経験している業務内容だと思います。商品の企画立案を行い、プレゼンテーションの末実際に商品化された物に対し、外部へどのような意図で作成したのか、企画した担当のリアルな言葉を添えて営業に回る、という業務内容を営業企画と称します。この経験があると、転職にも大変有利です。デスクワークの基本から、対人関係に至るまでそつなく熟せなければ、営業企画は務まらないからです。転職をお考えの際には、是非自分が担当した商品の売れ行きや実績をアピールすると、採用担当に分かり易く、後は人柄を見てスムーズに採用に繋がるケースが多いです。営業企画の強みとしては、出身大学等の学歴より、実績重視と言う点です。

営業企画の転職体験談③
最近サービス業の会社に転職し、今までの営業経験を活かして営業企画の仕事に就きました。今まで営業企画というものを担当したことが無かったのですが前職でも営業企画部門がありその仕事ぶりを営業担当者として見ていたので問題ないと考えていましたが、実際に行ってみるとなかなか自分のペースで仕事が出来ないことに気づきました。しかも、次々とこなしていかないと営業担当者が仕事ができないということも有り、なかなか難しい仕事であることも痛感しました。しかし、慣れていくうちに優先順位も憶え、担当者の得手不得手も見えてきたので、現在では営業部門と連携して効果的に仕事が出来ています。営業企画の役割は、営業現場で接する顧客のクレームや要望に新しいサービス・商品のヒントを探して、市場調査・競合調査、コスト計算や社内調整などの結果、いけそうだと思ったサービすを企画に落とし込み、承認を得て、実際のサービスに結びつけます。転職したては非常に不安でしたが、慣れてくるとやりがいがあり良い仕事です。

営業企画=企画営業、営業開発、マーケティング

(サービス業/営業企画の求人・募集・転職体験談)