製造メーカーの営業(耐久消費財)の求人と中途採用・転職


製造業の営業耐久消費財

製造メーカーの営業(耐久消費財)の求人と中途採用・転職

量販店や専門店に家電・カメラ・時計といった耐久消費財など自社の製品を売り込む仕事です。小売店の担当者と良好な関係を築きながら、結果を残せる人に向いている職種です。

製造 営業(耐久消費財)の転職体験談①
私は40歳の会社員です。私は現在、大手自動車メーカーで自動車の製造を行っています。私はもともと自動車が好きで、地元の工業高校を卒業後に今勤めている会社に就職しました。その後、自動車製造一筋でやってきましたが、この歳になって「一度自動車を売る側に立ってみたい」と思うようになり、営業(耐久消費材)職への転職を決意しました。耐久消費材の一つである自動車は、高い買い物ゆえにどの人も購入時は慎重な選択をします。そう一筋縄で売ることは出来ない耐久消費材を、製造する側ではなく売る側に回るというのは、いささか勇気のいる選択でした。しかし、ここまで来て引き下がる訳にはいかないと、現在も営業(耐久消費材)職への転職活動を続けております。

製造 営業(耐久消費財)の転職体験談②
営業(耐久消費材)の仕事に転職をしてから、毎日が生き生きとしていると感じています。毎日本当に楽しくて、人とかかわる仕事に自分が向いているということに気がつくことができました。耐久消費材の勉強も毎日しています。耐久消費材をすすめるためには勉強が必要なので本気で頑張っています。その努力も最近認められてきていて、営業(耐久消費材)が成功しつつあります。多くの人から信頼されるようになってきたので、お客さんも増えてきました。転職をする前に比べると、明らかに給料もアップしています。こんなに給料がアップするのであれば、少々大変えももっと早くから転職をしておけばよかったと感じているくらいです。毎日とても楽しいです。

製造 営業(耐久消費財)の転職体験談③
営業畑で長年培ってきた経験を異業種で活かしてみたいと考え、今までとは全く関わりがなかった耐久消費材の営業をする転職先を探すことにしました。最初に耐久消費材に関する知識を蓄えるために、独学である程度、技術的なことから業界の動向までをしっかりと勉強してから、転職活動を始めました。いくつかの営業(耐久消費材)の募集に応募をしましたが、なかなか採用には結びつけることが出来ませんでしたが、その中でも一番希望していた会社の営業(耐久消費材)の募集には無事に引っかかることが出来ました。その仕事は未経験でも差別なく待遇が良く、実力を評価してくれる会社だったので、非常にやりがいを感じながら仕事に取り組むことが出来るようになりました。

営業(耐久消費財)=製品営業、ルート営業、量販店営業

(製造メーカーの営業(耐久消費財)の求人と中途採用・転職)