クリエイティブディレクター(CD)の求人募集・転職・仕事探し


クリエイティブディレクターの求人募集・転職・仕事探し

クライアントである企業の広告制作プランを企画し、制作のディレクションをする仕事です。クライアントの要望をふまえ、スタッフと共同で消費者に訴えかける広告を制作できる人に向いている職種だといえるでしょう。

クリエイティブディレクターの転職体験談①
長年広告業界で働いてきました。私は企業から受ける広告の依頼が好きで、自由に発想をして作る事ができるこの仕事がとても楽しくて仕事をしてきました。広告担当者として働いてきたのですが、知り合いの方から、クリエイティブディレクターの話をもらい転職をすることになりました。最初は、クリエイティブディレクターという責任のある仕事に就くことは自分に向いていないのではないかという思いがあったので断ろうと思っていたのですが、このような機会はもう二度とないかもしれないと思って、失敗をしてもいいから転職をしてみようと思って決断しました。顧客の立場から実際に広告を制作する立場になり、責任がある仕事です。今まで自分が経験をしてきたことを活かして新たな同僚とともに良いものを作ることができるというこの仕事の楽しみ方を実感することができるくらい余裕がでてきて、今は転職をいて良かったと感じています。

クリエイティブディレクターの転職体験談②
広告代理店では、CMやポスターを制作し、収益を上げています。出稿するメディアの特性やターゲットとなる消費者の嗜好を考え、広告制作プランを立てます。その際、コピーライター、CMプランナー、アートディレクターとともに広告を制作します。クライアントが満足する広告にするには、それなりの苦労があります。私はCDには向いていないのかなと思っていたのですが、私を見てくれている人がいて、うちの会社に転職をしないかと言われました。私自身もキャリアアップをしたいと思っていたので、良いきっかけとなりました。仕事は膨大で今まで以上に大変になりましたが、職場の若い人の発想力や感性など刺激を受けることが多く毎日が楽しいです。

クリエイティブディレクターの転職体験談③
クリエイティブディレクターにいきなりなれる求人はほとんどなく、コピーライターなどの職種からステップアップしていくことがほとんどなようです。また、クリエイティブディレクターの求人があったとしても、デザインの実務経験があるなどの条件が付いていました。転職活動をしているときは、クリエイティブディレクターのみに注目せず、将来その職種に就ける可能性がある求人にも着目しました。結果的に、運よくクリエイティブディレクターとしての転職ができたという感じです。い以前の職種が実務経験にカウントされる仕事で良かったです。クリエイティブディレクターという業界には、集中力が必要だと感じています。大変なことも多いですが、良い広告が思い付いたときはとても嬉しいです。

クリエイティブディレクター=CD、クリエイティブ

(クリエイティブディレクター(CD)の求人募集・転職・仕事探し)