介護福祉士の求人募集・中途採用・転職体験談


介護福祉士の転職

介護福祉士の求人募集・中途採用・転職体験談

要介護者の状態に合った生活支援や身体の介護を行う仕事です。要介護者の気持ちを理解し、良い関係を保てる人に向いている職種です。

介護福祉士の転職体験談①
私は今、介護福祉士として、通所介護施設で働いています。介護福祉士の仕事は、主に高齢者の生活の世話をすることです。通所介護はいわゆるデイサービスと呼ばれており、高齢者が日中、入浴、食事、運動や機能訓練、趣味などを行う施設です。資格を取得して当初は、老人保健施設で働いていましたが、5年前デイサービスに転職しました。介護福祉士の仕事は高齢者の生活の幅を広げる重要な役割を持っています。またその人の人生の一部の大切な時間にかかわることができる大事な役割を担っていると感じています。はじめは施設からデイサービスに転職することに対して賃金面など非常に抵抗を感じていましたが、現在はデイサービスの主任として責任ある仕事を任されており、様々なことに挑戦しています。また夜勤もないので体調を崩すこともなく楽しく働くことができています。

介護福祉士の転職体験談②
現在、私は介護福祉士として、特別養護老人ホームで働いています。私の働いている老人ホームはユニット制を行っており、入所されている利用者に一人ひとり手厚い介護を行っています。以前は、専門学校を卒業して資格を取り、病院の看護助手として働いていましたが、病院での介護福祉士の役割はほとんどがおむつ交換やその他掃除などの雑役でした。これでは、せっかくの資格が台無しになってしまうと感じ、思い切って病院から施設へ転職しました。やはり、介護福祉士の資格を活かすためには福祉の仕事が良いと改めて感じています。特別養護老人ホームでは主に、高齢者の排泄、入浴、食事、簡単な運動、レクリエーションなどの他に、定期的な外出援助、地域行事への参加などを行っていて、病院で働いていた時よりも充実した時間を送ることができています。改めて、転職して良かったと感じています。

介護福祉士の転職体験談③
私は現在介護福祉士として、小規模のデイサービスで働いています。今は6年目で2回転職しています。はじめは大規模のデイサービスで働いていましたが、50人の利用者に対して職員が8~9人ほどで対応しており、忙しさで目が回る日々を過ごしていました。現在は10人規模で少ない人数のデイサービスで働いています。職員はほぼ5~6人ほどで、利用者に対して手厚い介護を行うことができます。デイサービスとは主に朝から夕方までの通所サービスで朝、自宅から通い、夕方には家に帰ります。また食事、排泄、入浴、運動などの機能訓練、アクティビティや外出を行います。以前大規模デイサービスで勤めていた時は、介護福祉士として働いていましたが、実感がありませんでした。今は小規模デイサービスに転職したことで、ゆったりとした余裕のある介護を行うことができて、非常に充実しています。

介護福祉士=ケアワーカー、介護スタッフ

(介護福祉士の求人募集・中途採用・転職体験談)