アカウントエグゼクティブの求人募集・転職


アカウントエグゼクティブの転職

アカウントエグゼクティブの求人募集・転職

企業の商品やサービスのイメージに関する広告企画を提案する仕事です。クライアントである企業と信頼関係を築き、関係者間を調整できる人に向いている職種だといえるでしょう。

製造 基礎研究の転職体験談①
入社してすぐに営業部に配属されましたが、アカウントエグゼクティブとして働くようになってからは、もっと良い待遇の会社で働きたいと思うようになり、転職を強く意識するようになりました。営業としての自分を育ててくれた会社には、大きな感謝の気持ちを持っていましたが、もうすこし良い待遇の職場で働きたいという強い気持ちを持つようになっていました。より良い待遇を求めて始めた転職活動でしたが、アカウントエグゼクティブとしてはまだキャリアが短いため、思っていた以上に苦戦しました。働きながらの転職活動であったため、仕事との両立が大変なこともありました。しかし、リクルートエージェントに登録した事で、転職活動が非常に楽になりました。最終的には営業で培ったクライアントに好かれる性格がよかったようで、将来性を評価してもらい、希望する待遇の仕事に就くことができました。

製造 基礎研究の転職体験談②
アカウントエグゼクティブとして部下を指導するようになってからは、自分が退職するまでのロードマップを作りたいと思うようになりました。毎日の仕事に疲弊しているだけでは、大きく成長することはできないと感じるようになったからです。アカウントエグゼクティブとしての仕事は多忙を極め、社内外のスタッフを休日でもアサインし、プロジェクトを仕切ることは少なくありませんでしたが、常に自分を客観視するように心がけてきました。また年齢的にも35歳を超えていたこともあり、転職をするならここ数年以内が最適だと思ったため、同時に転職活動も開始しました。信頼を寄せている部下を裏切ることになるかもしれないと思いましたが、今までよりはるかに高い待遇の仕事を得ることができ、後輩たちの励みにもなったのではないかと感じています。

製造 基礎研究の転職体験談③
広告代理店のクライアント担当者さんと話をする機会があり、アカウントエグゼクティブという仕事に興味を持ちました。アカウントは勘定・計算を意味する言葉で、理数系の私には向いていそうだと感じました。アカウントエグゼクティブに転職するにあたり、まずどんな分野の広告を手掛けているかや、過去のイベント・キャンペーンの模様をリサーチしました。そして、こんな職場で働いてみたいなと思った企業の面接を数社受けました。転職サイトのサポートがあったおかげで、未経験で新卒でもない私でしたが、無事に採用してもらえました。実際にアカウントエグゼクティブの仕事をしてみると、思っていた仕事とは違う部分もありましたが、いろいろと企画するのが楽しいです。

アカウントエグゼクティブ=営業、広告代理店

(アカウントエグゼクティブの求人募集・転職)